2009/03/25

★3月25日 02時29分頃 硫黄島近海を震源とするM5.4震度1の地震発生。
今日25日から大潮の始まり、27日は新月。

・3月20日 09:33更新、「今日の一言」の注意エリア3箇所にすべて、地震発生がみられた。
(★3/20 15時52分頃 釧路沖を震源とするM4.8震度3の地震発生)
(★3/24 15時17分頃 岩手県沖を震源とするM3.8震度2の地震発生)

(★3/25 02時29分頃 硫黄島近海を震源とするM5.4震度1の地震発生)

(★3/22 04時58分頃 沖縄本島近海を震源とするM4.4震度1の地震発生)
(★3/22 23時46分頃 沖縄本島近海を震源とするM4.9震度2の地震発生)

・3月20日の、注意エリアの前兆としたものは、気象衛星‘ひまわり’画像からの、低気圧の動きである。
これまで幾度も、地震と火山は同根であると述べてきた。そして、その前段階の激しい気象変化や低気圧が、何故、地震の前兆となるかと言えば、低気圧・地震・火山のエネルギーが同根だという事である。 モノポール流量は、受ける側の条件により様々な現象変化をしてゆく。

明日26日は彗星近日点。太陽が一時的に活発になり、その影響は地球にも、もたらされる。加速器〝タテシナ〟が稼動する。     -10:55-