2009/03/11

3月7日(彗星近日点)・8日と発達した低気圧で大荒れとなった北海道の地震エネルギー解放が続いた。
10日(彗星近日点)、10時41分頃 十勝支庁南部 M4.1 震度2、16時46分頃 国後島付近 M4.4 震度1。
11日(満月)、08時26分頃 北海道南西沖 M3.0 震度1

3月7日・8日と発達した低気圧で大荒れとなった北海道の地震エネルギー解放が続いている。 今日は低気圧が千島近海で猛烈に発達し、上空に強い寒気が流れ込んで北日本は大荒れ。 昨日10日は彗星近日点、そして今日11日は満月。 発達した低気圧の渦が巻いている千島列島、北海道東部は晴れ間になった頃、地震エネルギー解放が現われるでしょう。

彗星近日点になると、低気圧は発達し、気象変化が激しくなります。 そこに、満月や新月の大潮が重なると、より厳しい失敗の環境となってくる。      -09:53-