2009/01/16

16日02時51分頃、千島列島を震源とするM7.5震度2の地震が起きた。 サハリン付近に渦巻き低気圧があったことから、この辺りにエネルギー蓄積が多く、その蓄積を解放させたのは、14日に発生したCME(太陽ガスの放出現象)がトリガーとなった。 太陽風も今朝から420㎞/秒に上昇を始めた。 晴天高気圧の太平洋側は地震発生に注意しましょう。  -09:44-