2009/01/13

1月は、5・8・10・12日と特異日がフーガのように重なってやって来ている。結果、熱エネルギーが退いてゆかず、プリンス・ルパーツの現象にならない。この特異日の続きが一段落する18日の下弦の頃の、大き目地震発生に警戒です。 太陽風は低速。 10日、北半球に発生した24期黒点群(1010群)も12日には縮小し、また無黒点となるようだ。太陽黒点極小は続いている。    -09:13-