2008/08/01

佐久地方では8月1日にお墓参りをする風習がある。1742年の‘寛保の川流れ’で千曲川が氾濫し流域は壊滅的な被害を受け、多数の死者が出た。その時に亡くなった多数の死者を悼むという事で続いている。雨は7月29日から降り、8月朔日(新月)夕より大暴風雨となり8月2日に至った。   -09:30-