2008/06/02

このところ、台風はプレートの接合面に沿って進路をとっている。これは受け(沈み込みプレートに乗っている部分)の先端部までエネルギーの蓄積が及んでいるということを意味する。また台風が生まれるところも地震エネルギーが蓄積されている。1日、10時58分頃フィリピン付近でM6.1、西表島付近で07時29分頃M3.0、04時38分頃M3.8の地震が起きている。 太陽風は5月31日から600km/秒の高速太陽風が続いている。今日はMN、大潮の始まり。     -09:02-