2008/05/13

12日、日本時間午後3時28分頃、中国四川省で起きたM7.9(深さ10㌔)の大地震。新華社通信は13日、四川省だけで死者1万人近くに上ったと報じた。1976年河北省唐山で死者24万人以上出した唐山大地震以降最悪の地震となった。  今年の旧正月前後に中国中南部は記録的な豪雪・寒波に襲われた。当協会、会員ページ3月14日更新の地球ダイナミズムの欄に「…中国では地震、アメリカでは竜巻、アジアは洪水に警戒です。」と記した。中国では3月21日午前7時33分頃、中国北西部(新疆ウイグル自治区)にM7.2の地震が起きていたが、5月12日に起きた中国中南部のM7.9大地震は、まさに豪雪・寒波が襲ったエリアと重なる。 激しい気象異常のあったエリアには地震エネルギーが蓄積されているという結果だ。 この地震は地震体積説では予測可能である。    -尚、所用にて明日の「今日の一言」は休ませて頂きます-