2008/02/25

風の又三郎の作者は宮沢賢治。賢治は風を「因子」と言った。昨日の大風・突風は「因子、モノポール流量」によるものだ。    -08:28-