2020/08/01

-14:06-

 「戌の満水(いぬのまんすい)

1日、関東甲信も やっと梅雨が明け、
佐久(さく)の空には 穏やかな水色が・・

お盆の8月15日を中心に墓参りをするのが
一般的ですが、佐久(さく)地方では8月1日に
墓参りをします。

理由は、1742年(寛保2年)8月に起きた
大洪水で亡くなった先祖を弔う事から始まり、
旧暦8月1日の 被害が特に大きかったこの日
墓参りをするのです。

「戌の満水」と呼ばれる千曲川・犀川流域
で発生した未曾有の大災害。
流域全体で2800人以上の死者が出ました。

………………………………………………………………….
*8月の「シャク暦」

shaku_shot08_

記号説明