2020/03/11

-08:14-

3.11「東日本大震災」 -津波の脅威- 

死者・行方不明者の90.64%(14,308人)の死因は津波による溺死だった。津波の遡上高は岩手県宮古市で40メートルを超え、国内観測史上最大の明治三陸地震で同県大船渡市で確認された38.2メートルに匹敵するか上回った。

津波を防災行政無線で周知する難しさを露呈した。

 

_____________________
(朝日新聞DIGITAL 2011年4月20日 15時2分 より↓)

「津波は3メートル」・・・その後放送できず被害拡大 釜石
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104200249.html 

_____________________
(気象台ウェブより ↓)
* 「津波の高さ」とは 海岸に達した津波の高さのこと
検潮所などの観測施設で観測します。気象庁が津波予報で予想する津波の高さは、この「津波の高さ」です。(狭まった湾の奥や岬の先端等では地形の影響により、「津波の高さ」は更に高くなります。)

* 「遡上高」とは 海岸から進入してきた津波が、陸上を這(は)い上がった最高地点の高さのこと
一般に「遡上高」は「津波の高さ」の約2~4倍程度高くなることが分かっています。津波警報や津波が発表された時は「津波の高さ」だけでなく「遡上高」も考慮して、より高い場所への避難がもっとも重要です。
______________________