2019/10/13

-17:54-

◎海水温

「台風19号」は、13日正午 日本の東で温帯低気圧になった。

発表された大雨特別警報は13都県。
昨年7月の<西日本豪雨>の11府県を超え過去最多となった。大雨特別警報は13日午前8時40分までにすべて解除されたが、警戒は続く。

年間降水量の3~4割の雨が1日~2日で降った。
台風の中心の北側に非常に発達した広い雨雲があり記録的な大雨となったとされている。また今回の台風の特徴として、北上しても中心気圧が低く、勢力を保ったままの上陸だった。

日本付近の海水温が平年より1~2度高い事が、記録的大雨をもたらした大型台風を生みだした要因である事は否定出来ない。

16歳の少女、トゥーンベリさんの言葉を思い起こす。
9月24日の「一言」参照ください。
http://www.menokami.jp/daily.html 

_________________

-23:07-
22時30分頃から、大きな輪郭のなるい鱗帯雲が現れています。明日、午前中頃までに、関東・東北太平洋側の沖に少し磁気エネルギー解放があるかもしれません。

_____________
上記つづき 2019/10/14  -12:28- (記)

磁気エネルギー解放はありませんでした。

※<10/12日 18:22 千葉県南東沖 M5.7> 以後 現在まで42時間ほど経過していますが、国内で有感地震の発生は1件もありません。稀な事です。