2018/08/03

-09:25-
太陽の黒点相対数
7月の黒点相対数の月平均値は1.6で、現在の第24活動周期のなかで、今回が最小値になりました。2018年以降は極小期へ移行してゆくと予測されています。前回の極小期(2007年~2009年)に2桁を下回ったのは10回。
今回の極小期の地球ダイナミズムはどのようになるのでしょうか。