2017/10/22

-08:01-
超大型 ζ台風21号
10/22 06:00現在
南大東島の東北東約260㎞に在り、北北東に35㎞/hで進んでいる。
中心気圧は925hpaで、最大瞬間風速は70m/s。

22日夜から23日にかけて、西日本から東日本にかなり接近し、23日には数年に一度の強さで上陸する恐れ。特に近畿・関東・東海では、暴風、高波、大雨に厳重警戒が呼びかけられている。

一方、本州の南岸に停滞する前線の活動も活発で発達した雨雲があり、千葉県茂原市では、22日午前6時までの1時間に31.5ミリの激しい雨が降った。

台風の上陸するエリア、バラケるエリアに注視しましょう。台風は、磁気エネルギーが多く蓄積中のエリアに進路を取ります(佐々木地震論)。

________________________
ζ 台風21号、温帯低気圧に
◎台風21号は、23日午前3時ころ静岡県御前崎付近に上陸。関東地方を横断するように北東に進み、東北沖に抜け、午後3時ころ北海道の東の海上で温帯低気圧に変わった。各地で大雨・暴風被害、東日本では広い範囲で河川が氾濫した。
気象庁によると、上陸時期は1951年以降で3番目の遅さ。超大型のままでの上陸は、1991年以降では初めてとの事です。