2017/07/06

-11:45-
◎地象と気象
地象と気象のエネルギーは同根(佐々木地震論)。

●「平成27年9月関東・東北豪雨」
2015年9月9日~11日にかけて線状降水帯による記録的豪雨が発生し、栃木、茨城両県で10日に大雨特別警報(数10年に一度の大雨)が発令された。
特に鬼怒川に沿った地域での降水量は多く、栃木県北部では、最大で600ミリ以上の降水量となった。

・2015年9月12日、東京湾を震源とする最大震度5弱の地震
★9/12  05:49  東京湾 M5.2 最大震度5弱(東京都)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150912054916.html

・2014年8月の広島豪雨の9日後、29日には日向灘を震源とするM6.1最大震度4の地震が起きている。この震源も降水帯に近い。
★8/29  04:14  日向灘 M6.1 最大震度4(熊本県 宮崎県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20140829041445.html

■「雲のスタジオ」 画像№[3276] 2015/09/13  12:53 投稿 参照ください。
_______________________________

2017年7月5日、福岡県と大分県に大雨特別警報が発令されました。
要因は同じく線状降水帯によるものでした
以下、産経新聞より転載記事↓

7/6(木) 7:55配信

産経新聞

 九州地方で5日午後に降った大雨では、福岡県朝倉市で午後3時38分までの1時間に129・5ミリを観測した。これは、この地点の観測史上1位を更新したばかりか、7月としては全国歴代4位の記録的大雨。何度も繰り返し襲う猛烈な雨に気象庁の担当者は「これほど降るのは珍しい」と明かす。一方、大雨の要因となった「線状降水帯」は、ほぼ同じメカニズムで5日中に2度発生したが、予測は困難のようだ。
_______________________________

>追記   2日に、福岡県・大分県付近に震度5弱が起きています。

7/2  00:58  熊本県阿蘇地方 M4.5 最大震度5弱(熊本県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20170702005829.html

_________________________________________________________________________________________
_________________________________________________________________________________________

11日、大雨が顕著だった九州で震度5強
7/11  11:56  鹿児島湾 M5.2 最大震度5強(鹿児島県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20170711115639.html