2017/05/31

-12:42-
◎彗星近日点付近に気温上昇

5月後半の彗星近日点は20日と30日でした(5月の「シャク暦」参照ください)。

以下、<時事ドットコムニュース>より転載_____________
日本列島は30日、太平洋側の高気圧の影響で晴れ、関東より西で気温が大幅に上昇した。気象庁によると、島根県津和野町では35.1度を観測し、35度以上の猛暑日となった。午後5時までに30度以上の真夏日となった所は今年最多の277地点に上り、全国観測点の3割を占めた。
31日は曇りの地域が増え、真夏日となる所は30日より減る見通しだが、熱中症に注意が必要。
今月、猛暑日を記録するのは21日の群馬県館林市に続いて2回目。30日は津和野町を含め、5月の観測史上最高気温を更新する地点が続出した。主要都市の最高気温は、東京都心29.1度、名古屋32.7度、京都32.2度、大阪29.9度、福岡30.2度だった。(2017/05/30-18:32)
___転載ここまで______________________

彗星近日点付近には気象や地象のうねりが顕著になります。