2016/08/24

-07:49-
台風9号は、23日正午頃にはオホーツク海で温帯低気圧になりました。

強い台風10号は、22日・23日奄美大島の東付近にほどんど停滞し、24日6時現在では南大東島(宮崎県の真南)の東約180㎞に在り、南西に10㎞/hで進んでいます。

8月は、彗星が近日点を通過する数が今年最多月です。 4日の台風5号発生から11号まで、7つの台風が生まれています(8月の「シャク暦」参照ください)。

台風10号が奄美大島付近にほとんど停滞しているのは、このエリアに地殻の磁気量が多く蓄積されており、台風が引き付けられているからだと考えています。
奄美大島近く、喜界島(奄美群島の北東部)では、1911年6月15日に
M8.0の大地震が起きており、名瀬測候所では震度6相当の揺れがありました。

台風10号の動きに注視しましょう。

<追記> 台風10号付近に震度2
★8/24  07:02  奄美大島北東沖 M4.4 最大震度2(鹿児島県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160824070222.html

___________________________________________________________

* イタリア中部で、日本時間24日午前10時30分にM6.2の地震発生。少なくとも73人死亡。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG24H8R_U6A820C1CR8000/

* イタリア中部地震の発生から現地時間27日未明で、72時間が経過した。イタリア政府当局は、地震によるが290人になったと発表した。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27H4C_X20C16A8CR8000/