2016/05/03

-06:30-
◎「熊本地震」以来、西日本では、雨の日が多くなっています。

これは地殻の緊張が緩み、放出された多くのモノポール流量が、前線をひきつける為と考えています。

被災地では昨日は夏日、今日は雨や風が強く、局地的に激しい雨になるようです。

< 追記 >
◎4月30日「一言」で予測した北海道に、やや範囲の広い地震が起きました。

★5/3  09:00   北海道東方沖 M5.7 最大震度3(北海道)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20160503090113.html

 

______________________________       ( NHK NEWS WEB  5月2日 17時02分  より抜粋

気象庁によりますと、2日は西日本や東日本を中心に広く高気圧に覆われて晴れ、熊本県や大分県の被災地でも気温が上がりました。午後4時までの最高気温は、熊本市と大分県日田市で27度5分、熊本県益城町にある熊本空港で27度ちょうど、熊本県南阿蘇村で26度7分、大分県由布市で25度4分などと各地で夏日となりました。
一方、3日は低気圧から延びる前線が九州付近を通過するため、熊本県や大分県では明け方から大気の状態が不安定になり、雨や風が強まる見込みです。
特に3日の昼前から夕方にかけては、局地的に雷を伴って1時間に40ミリの激しい雨が降るおそれがあります。
_______________________________