2015/09/14

-10:03-
阿蘇山中岳 噴火
気象庁によると、先ほど、09:43分頃、阿蘇山が噴火したとの事です。
今日14日は、MF(月が最遠)です。9月「シャク暦」<地球ダイナミズム>で火山活動注意日としていました。参照ください。

阿蘇山の中岳第一火口噴煙は、火口から2000メートルにまで上がりました。去年11月から断続的に続いた火山活動の中で、今回の噴火は最大規模です。 9月8日の観測では火山性微動が843回あり、火山性地震も167回になっていました。 (9月8日は彗星近日点でした)。

今年7月13日には、大分県南部を震源とするM5.7最大震度5強の地震が発生しています。

「シャク暦」冒頭にありますが、2015年の彗星近日点は81個で、過去最高数です。
台風は1月から発生し、猛暑、豪雨、地震、噴火と、日本に起きている地球ダイナミズムの報道は息つく間もありません。列島の地殻には多くの磁気エネルギーが供給・蓄積されているようです。

阿蘇山の噴火警戒レベルは3(入山規制)に引き上げられました。