2015/09/06

-15:27-
メガディザスター(巨大災害) -NHK-
極端な異常気象は、MJO(マッデン・ジュリアン振動)と呼ばれる巨大な雲が、エルニーニョ現象などの発生にも関わり、更に偏西風の蛇行、シベリア寒気団の南下など様々な現象が共に振動しあって、世界の極端な気象変動をもたらしている。 主はそんな内容だった。

{マッデン・ジュリアン振動とは・・・インド洋東部から太平洋中部にかけての赤道付近の海域で東西数千キロに、巨大な雲が東へ移動する現象。との事だ。}

・今年の台風は、7月までに13号が発生(うち8つは、最大瞬間風速60メートル以上のスーパー台風)し、この数は例年の2倍近くになっている。

・3月にはバヌアツで 「カテゴリー5」 のサイクロンが発生した。

これらもマッデン・ジュリアン振動の影響があるとの説だ。

しかし、なぜマッデン・ジュリアン振動の雲が巨大化しているのかの問いには誰も答えられていない。

世界の科学者は、地球異変の原因究明に追われている。 が、

残念な事に、どの科学者に於いても、視野に入っているのは地球のみだ。

太陽との繫がりに視点を向けている科学者はいない。

(2014年 2015年の‘シャク暦’冒頭を参照ください。)