2014/08/12

-13:06-
◎強い台風11号は、10日6時過ぎ高知県安芸市付近に上陸、10時過ぎには兵庫県赤穂市付近に再上陸し、11日午前9時頃北海道の西の海上で温帯低気圧になった。
台風8号は、和歌山県南部に再上陸しており、南海の地震エネルギー蓄積が多いことを伺わせる。 が、その前に関東地方に広域地震発生の可能性が高い。
1923年・関東大震災の当日、能登半島付近に弱い台風があったが、今回の台風11号<ハーロン>も能登半島に沿って日本海に抜けている。前回の8号は、関東に進路をとっているが、台風は地震エネルギー蓄積中エリアに進路をとり、蓄積がピークに近くなっているエリアは避けて進路をとる。

◎2014年はこれまでにない彗星近日点の多い年です。 そして、8月は極めて極端な月で、17日から31日までに10個の彗星が近日点を通過します(8月の「シャク暦」参照)。 この10個の彗星が太陽に水素エネルギーを供給し、太陽から地球にもたらされる磁気量の増大につながり、大きな地球ダイナミズムが現れます。 8月17日から9月にかけては、厳重警戒期間になります。