2014/08/02

-07:57-
◎7月31日、太陽では3週間ぶりにMクラス中規模フレアが発生(7/31 19:22 →M2.5)し、その後も2回(8/1 23:44 →M2.0 8/2 02:54 →M1.5)発生、大き目Cクラス小規模フレアも2回(C9.0 C8.6)起きています。
今後、太陽風磁場の南向きが続くと、地球への影響はより大きくなります。宇宙天気に注視しましょう。  8月4日は上弦トリガー日です。この付近に地震エネルギー解放があるでしょう。微小地震が頻発したエリアは注意。

◎7月30日午前3時頃、フィリピンの東で台風12号が発生しました。7月末までに台風が12個発生するのは1997年以来17年ぶりの事です。今年は彗星近日点がかつてないほど多い年です。すなわち地球ダイナミズムも大きな現れ方になるという事です。
・台風11号の進路に注視しましょう。台風は地震エネルギーが多く蓄積中のエリアに進みます。
_______________________________
>> 3日、11号の進路先にM5.7 <<
★8/3  13:06  奄美大島北西沖 M5.7 最大震度3(鹿児島県)
http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20140803130616.html
ζ台風11号の進路
http://www.tenki.jp/bousai/typhoon/detail-1411.html