2014/05/20

-09:11-
◎18日MN(月が最近)トリガー日、硫黄島近海にM5.0の地震発生。震源の深さは約140㎞とやや深発地震のため、揺れは震度1でした。
★5/18  12:56  硫黄島近海 M5.0 最大震度1(東京都小笠原村)

・小笠原諸島の西之島では、昨年11月20日からの噴火活動が現在も活溌に続いており、新島の陸地面積は当初の80倍ほどになっているようです。

・今月5日早朝に発生したM6.0最大震度5弱(東京都千代田区)の震源地は伊豆大島近海でした。 伊豆大島では、昨年10月16日、台風26号による豪雨で、大島元町の24時間雨量は824.0ミリ(通常の約2ヵ月分)という驚異的雨量を記録しています。 激しい気象ダイナミズムの発生したエリアには、時の経過に比例した地震が起きます。

・富士山~伊豆諸島~小笠原諸島 のライン活動に注視が必要です(噴火と地震のエネルギーは同根です)。

◎太陽ではフレア活動も弱まり太陽風も低速で、穏やかな状況が続いていますが、21日・29日は、ともに2つの彗星が近日点を通過します。29日付近は大潮(新月:29日)と重なるビックトリガーです。この付近、関東・東北太平洋側は広域地震に警戒です。
_______________________________
>> 伊豆諸島にM5.0・M4.6の地震 <<
★5/29  09:17 八丈島近海 M4.6 最大震度1(神津島村 三宅村)
★5/28  01:12  八丈島東方沖 M5.0 最大震度2(八丈町・青ヶ島村)
◎広域地震には至りませんでしたが、前兆現象が重なり、地震発生日までの期間が長引くほど地震の規模は大きくなります。 これからも、上記ライン活動エリアに注視しましょう。