2014/02/15

-17:17-
2月の「シャク暦」どおり、大荒れの天気
日本列島は14日から、発達した南岸低気圧の影響で太平洋側の広い範囲で雪が降り、関東甲信の内陸では積雪が急増し記録的な大雪となっている。
15日午前6時の積雪は(甲府市1メートル9センチ、前橋市65センチ、熊谷市62センチ)と、統計のある約120年間で、最も多くなっている。河口湖も14日時点で90センチを超え、観測史上最高となった。東京都心では、一時積雪が27センチになり、45年ぶりの大雪になった2月8日の記録と並びました。15日昼前には関東、伊豆諸島では雷・突風を伴い局地的に激しい雨が降っています。
大雪や暴風の中心は、東北地方へと移っており、16日にかけて警戒が必要。宇都宮市と石巻市では25メートルを超える最大瞬間風速が観測されています。
地象(地震・噴火)と気象(台風・寒波・熱波・豪雨・竜巻など)のエネルギーは同根です。顕著な気象現象の現れたエリアは、地震・噴火に警戒です。3月、近日点となる周期彗星は10個と、過去に例を見ない多さです。