2013/11/18

-18:01-
◎特異日と大潮が重なるビックトリガー期間(11/16~19)、地球ダイナミズムの大きなエネルギー解放が続いています。

・16日、国内では震度3以上の地震が4回発生。
・日本時間17日、南大西洋にM7.8の大地震発生。
・現地時間17日、アメリカ中部に巨大竜巻発生(イリノイ州やミズーリ州で70を超える竜巻が相次ぎ、これまでに5人死亡、40人がけが。この時期に竜巻が相次いで発生するのは異例との事。)

◎10月に入ってからの太陽活動は活発でした。稀有な大規模フレアの発生頻度は目を見張る多さとなっています。 これまでに台風、洪水、寒波、地震など折々に蓄積されたエネルギー解放はありましたが、地殻に蓄えられているベースのエネルギー流量は多くなっています。今月はあと3つの彗星近日点から始まる特異日期間が重なり、月末にかけても地球ダイナミズムは活発に推移するでしょう。