2013/11/12

-16:24 更新-
◎11月6日、8日の大規模フレアに続き10日にもXクラス大規模フレアが発生(日本時間11/10  13:50→X1.1)し、11月中旬は穏やかな小春日和というわけにはいきませんでした。真冬並みの寒気の到来です。太陽からの磁気量は地球の地殻から地表にモノポールとして放出されてきます。モノポールの性質の一つに熱いものをより熱く、冷たいものをより冷たくする性質があります。 熱い季節に大きなフレアが発生すると気温がより高くなり、寒い季節には気温がより低くなります・・・台風や低気圧をも発達させます・・・まとめると地球ダイナミズム(地象/気象)の強弱をつけている源は、太陽からの磁気量にあるのです。

今日未明、関東東北太平洋側に震度3の地震が2回起きました。昼前から数時間、関東方面にボンヤリした畝雲が現れており、明日も震度3ほどの地震があるかもしれません。