2013/08/25

-07:26 更新-
8月23日彗星近日点(8月の「シャク暦」参照)→前線活発→各地で大雨
23日、中国大陸から本州にかかる前線活動が活発になり、日本列島の広い範囲で大雨洪水警報や竜巻注意情報が出された。北陸では、半日で平年の1ヵ月分の雨量を上回る大雨になり、富山県高岡市、石川県かほく市、岐阜県白川村では1時間に60ミリ前後の非常に激しい雨を観測。24日、雨の範囲は山陰地方に広がり、島根県では24日未明から急激に雨が強まり、江津市では午前4時までの3時間雨量が201ミリに達し、23日からの24時間雨量が400ミリを超える大雨。島根県では先月(7月28日に匹敵する豪雨となった。
7月28日も彗星近日点(7月の「シャク暦」参照)でした。
彗星近日点付近には、地球ダイナミズム(地象/気象)が活発化してきます。31日は8月最後の彗星近日点で、9月1日の彗星近日点と連なります。この付近にも地球ダイナミズムが活発になります。十分警戒しましょう。