2013/08/01

-10:10 更新-
◎21日からの地球ダイナミズムは、入り口の2つの大きな被害地震(中国甘粛・ニュージーランド)で幕開け、3個が彗星近日点になった23日、★7/23  12:02  福島県沖  M5.2  最大震度4 の地震発生。28日彗星近日点には、気象ダイナミズムが猛威を振るい、山口県・島根県では‘これまでに経験した事のない大雨’と気象庁が形容しています。地震でも、★7/28 20:36  鳥島近海 M5.6 最大震度1が起きました。地球ダイナミズのポイント点には人間社会の‘失敗の環境’も厳しく、21日、22日は航空機事故、24日はスペインで高速鉄道による大惨事が発生しました。その他、国内では凶悪事件も発生しています。 今年の彗星近日点最多月7個の、前半と後半のうねりで、疲れを引いたまま、8月に入ります。

◎8月最初の彗星近日点2で、8月の周期彗星近日点は4個です(8月の「シャク暦」参照)。7月よりは、安定した月になりますが、特異日期間には気象変化、台風の発生や発達が見られるでしょう。その間の高気圧下、豪雨に見舞われたエリアは、地震発生に警戒です。