2013/07/01

-10:10 更新-
◎今年の彗星近日点最多月は2月・5月・7月で、彗星近日点数はともに7個です。
・2月6日ソロモン諸島沖M8.0  ・5月24日サハリン近海M8.2(深発地震では過去最高規模)など、2月、5月にM8クラスの巨大地震が発生しています。5月21日にはオクラホマ州で超スーパーセルの発生など地球ダイナミズムは大きなうねりを現しました。

7月は、5日がEF(地球遠日点)のトリガー日です。前半の彗星近日点は6日・8日・9日、後半は23日(3個の彗星が近日点)・28日です(7月の「シャク暦」をご覧ください)。

<追記>-10:22-
7月1日5時発表の天気予報では、沖縄本島地方、八重山地方、大東島地方に高温注意情報が発表されており、最高気温が33℃以上となるところもあるようです。前線が停滞し、気温変化もある沖縄地方は地震に注意しましょう。