2013/04/07

-11:32 更新-
◎日本時間、4月6日1719黒点群でMクラスの中規模フレアが発生(4/6  02:32→M2.2)しました。。
このフレアの影響で、地象・気象の地球ダイナミズムは活発です。

4/6   13:43(日本時間)    ニューギニア付近  M7.2

★4/6   05:00  茨城県沖 M5.2  最大震度3(福島県、茨城県、栃木県)

★4/6   04:24    根室半島南東沖 M4.7  最大震度3(北海道)

気象では
4月6日から急速に発達した台風並みの低気圧が日本列島を直撃、記録的な豪雨と暴風が渦巻いています。この低気圧の影響は8日まで続く様子。

◎8日から大潮です(10日:新月)。10日は、2つの彗星が近日点を通過し、大潮と2つの彗星近日点が重なるビックトリガーです。Mクラス中規模フレアの影響と重なり、地球ダイナミズム活発化は続くでしょう。今回の発達した低気圧の影響(風速、降雨)が極端に現れたエリアは地震に警戒しましょう。

<2013.4.8   21:17更新>

気象衛星‘ひまわり’の 最近24時間画像を見ると、福島県、栃木県から湧き出した雲が三陸沖でバラケている。関東・東北太平洋側は地震に警戒。低気圧が遅い動きになった北海道東部も地震に警戒。

★4/10  13:38  福島県沖 M4.6 最大震度2(宮城県、福島県)