2013/03/29

-07:31 更新-
◎3月22日のMクラス中規模フレア、24日の2個の彗星近日点で、太陽から地球に多量の磁気量が供給され、大潮トリガー(27日:満月)でしっかりした地震が現れた。
台湾にM6.0、国内でも大潮期間に震度3の地震が相次いだ。

宇宙天気を見ると、日本時間27日午前1時半から28日午前1時半頃まで磁場強度が高まり、それに伴い太陽風磁場の南向きも-5nTほどに振れている。日本時間27日23時頃には太陽風速度は500㎞/秒に達し、その後も半日ほど500㎞/秒前後の高速風が続いている。

★3/27  11:03(日本時間) 台湾中部  M6.0  -USGSより-

★3/26  20:48   茨城県沖 M4.8 最大震度3(茨城県 千葉県)

★3/26  20:55   茨城県沖 M4.6 最大震度3(茨城県)

★3/29  00:48   千葉県東方沖 M4.2 最大震度3(千葉県)

◎月末31日にはMN(月が最近)トリガーです。太陽活動(太陽風速度/南向き磁場)、気象衛星‘ひまわり’(雲が急速に発達するエリア、低気圧が集中して通るエリア)に注視しましょう。