2013/03/16

-13:09 更新-
16日・17日彗星近日点です。

15日、1691黒点群で中規模フレア( 15:00→M1.2)が発生しました。太陽風磁場の南北成分は15日14時~15時付近に-10nTと南向きに大きく振れていますが、その後は北寄りに推移し、16日に日付が変わった頃から南寄りになり始めています。これらの影響で、少し目立った地震が起きました。
★3/16  01:48  鳥島近海 M5.2 最大震度1  ★3/16  08:11  岩手県沖 M4.3 最大震度3

明日17日も彗星近日点で特異日が重なります。これからの太陽風磁場に注視しましょう。(南向き磁場が地球により大きな影響を与えます)

16日、東京都心で桜(ソメイヨシノ)の開花が発表されました。1953年の統計開始以降で最も早い2002年と並びます。一方、北海道や東北の日本海側では次々と低気圧が通過、雲が流れ込み雪が降っています。北海道の日本海側は高気圧になった頃の地震に警戒。関東も今日からの特異日期間、地震に十分警戒しましょう。

<追記>

太陽風磁場は、3月17日14時30分(日本時間)頃、-5nT~-15nTと大きく南向きに振れました。北関東に18日震度4の地震です。★3/18  06:53  茨城県北部 M4.5 最大震度4(茨城県)http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20130318065348.html