2012/09/02

◎地震エネルギー解放があり、太平洋側では傘マークが並んでいます。台風進路と地震エネルギー蓄積の関係について幾度か述べてきましたが、8月31日、フィリピン東方沖M7.6の大地震と台風14号の迷走は地象と気象が同根であることを現す、顕著なものです。http://www.y-mainichi.co.jp/news/20772/
気象と地象のエネルギーは同根です。それ故、台風の大きさ、発達、進路などは、地震予測のザックリとした目安になります。

これから本格的な台風シーズンです。9月の前半は周期彗星近日点はありませんが、太陽フレア、オーロラ発生が活発なとき、CME影響が地球に到達する頃など、太陽活動のリズムは地球ダイナミズムとして姿を現してきます。太陽から送られる地球のリズムを感じ取る事は地球に命在るものとして大切な事です。   -10:23-

<追記>  2012.9.5
台風14号がウロウロした台湾に地震です。
★9/5   05:00 (日本時間)   台湾  M5.1      USGSより
http://www.imocwx.com/typ/tyani_14.htm