2012/08/18

◎日本時間8月13日15時頃に発生したCME(太陽コロナガスの放出現象)の影響が、約3日後の日本時間16日21時過ぎに地球に到達しています。太陽風もこの頃から、磁場の南北成分が-6nTほどの状態で12時間ほど続きました。 この環境と、新月トリガー(地殻潮汐)で、8月17日、最大震度4(震源地 天草灘)、最大震度3(震源地 茨城県沖)の地震が発生しています。

★8/17  20:37  茨城県沖  M4.3  最大震度3(福島県、茨城県)
★8/17  08:46   天草灘  M4.9  最大震度4(熊本県、鹿児島県)
茨城県沖を震源とするM4.3の地震前兆は、8月16日の「一言」に載っています。

◎太陽では、その後もMクラスの中規模フレアが2回(①8/17  22:11  M2.4  ② 8/18 02:07   M1.0)発生しています。18日は新月、そして8月に入り、2個目の周期彗星近日点で特異日は続いてゆきます。

地球ダイナミズムが活発になってくると、人間社会の「失敗の環境」も厳しくなります。 慎重に対応しましょう。       -08:27-
<追記>8/17に発生した青森県東方沖を震源とする最大震度3の掲載漏れがありました。
★8/17 16:24   青森県東方沖  M4.8 最大震度3(北海道、青森)