2012/07/16

◎15日午後8時4分の「一言」で、(強い南向きが続くようであれば、東北南部太平洋側、関東、東海は地震に警戒しましょう)と記しましたが、7月15日15時頃から、-20nT近い強い太陽風磁場の南向きが20時間以上続き、揺れの大きな地震が複数発生しました。

★7/16  06:49  宗谷地方南部 M4.0 最大震度4
★7/16  04:31  茨城県南部 M4.8 最大震度4
http://bousai.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20120716043124.html
★7/15  23:34  根室半島南東沖 M4.8 最大震度3
★7/15  23:08  宗谷地方南部 M4.1 最大震度4

◎7/16  11:36  更新 宇宙天気ニュースより→太陽風磁場が長時間南向きに強まっています。磁気圏では磁気嵐など乱れが発生しています。
・・・太陽風の磁場は、昨日の午後、15日15時(世界時15日6時)に再び大きく変化して以降、大きな影響が地球磁気圏に及んでいます。・・・・・・磁場の南北成分が南側に大きく振れ、-20nT近い強い南向きになりました。
以降、20時間を超えて、太陽風磁場が強く南を向く状態が続いています・・・・

また、南北成分も昨夜遅くまで-20nT近くまで大きく南に振れ、今日に入った頃から少しずつ振れ幅は弱まっていますが、現在も-13nTの強い南向きです。

◎南向き磁場の振れ幅も、太陽風速度もおさまってきているようですが、茨城県南部の地震発生後も佐久の空は、青空が大部分占めています(地殻の緊張状態は続いています)ので引き続き、地震・噴火に警戒しましょう。九州北部も高気圧下の地震・噴火に警戒しましょう。

気象ダイナミズムも、昨日に続き更に猛暑日となりました。地球ダイナミズムは、X1.4の大規模フレアで活発化しています。明日17日から大潮です。     -17:17-

◎昨晩より範囲は狭くなっていますが、千葉、茨城県境付近に発光現象があります。 太陽風南向き磁場は現在も続いており、磁気嵐も非常に発達しています。引き続き地震に警戒しましょう。今日、日本の南に台風7号が発生しました。    -22:56-