2012/07/14

◎日本時間7月13日1時、1520黒点群でX1.4の大規模フレアが発生しました。それに伴いCME(太陽コロナ質量の放出現象)も発生しています。

昨日13日の宇宙天気ニュースによると、このCMEの地球到達は、14日夜~15日朝と予想されています。また、14日は彗星近日点、そしてMF(月が最遠)のトリガー日です。(7月のシャク暦参照)。

これからの太陽風速度上昇や、強い南向き磁場への変化に注視しましょう。強い南向き磁場が続くと、地象(地震、噴火)・気象(熱波、豪雨、台風の発生など)の地球ダイナミズムが活発化してきます。      -10:46-