2012/05/03

◎4月30日の周期彗星近日点で特異日期間が始まり、気象変化が現われました。

明日5月4日から大潮(6日:満月)に入ります。6日の満月はMN(月が最近)と重なります。
5月は中頃に3個の周期彗星が近日点になります。19日からは新月の大潮(21日:新月(金環日食)と特異日期間が重なるビックトリガー期間です(5月の「シャク暦」参照)。

昨年3.11以来、大き目な地震はおもに東北・関東の太平洋側に起きていますが、震源の比重が南下しているようです。 特異日期間中、特に17日頃~23日付近、関東地方、中部・近畿地方、東海地方は厳重警戒です。太陽活動にも十分注視しましょう。     -11:03-