2012/01/18

◎1月は、15日までに前半6個の彗星が近日点(通常、1ヶ月で平均3~4個の周期彗星近日点です。半月で6個は異例の多さです。)を通過しました。 
1月の「シャク暦」に大雪予想をしていますが、16日までに降り積もった雪は、北日本 日本海側を中心に多いところでは平年の3倍前後を記録する大雪となりました。 後半は3個の周期彗星が近日点(19日に1個、20日は2個)になります。

千葉県を震源とする地震が目立ってきています。午後は、東の空から数本の帯雲が現われており、中間に極小さな‘熊のジョン’も顔を出してきました。 太陽では、日本時間17日午後1時41分にM1.1の中規模フレアが発生しています。 明日19日からの彗星近日点、特異日期間、南関東を中心に地震に十分警戒しましょう。    -15:17-