2011/11/03

◎今日は上弦。鹿児島県・奄美大島南部の瀬戸内町古仁屋では激しい雷雨に見舞われた。
鹿児島地方気象台によると、2日の午前9時8分までの1時間にこの地では観測史上最多となる143.5ミリの雨が降った。この1時間雨量は、国内観測史上では9番目という事だ。
1日午後10時の降り始めからの総雨量は多い所で500ミリになり、瀬戸内町では道路の冠水や土砂崩れの被害が出ている。
太陽では
2011/11/2  12:22  更新 宇宙天気ニュースより→太陽磁場の強い南向きが続き、活発なオーロラ活動が発生しました。太陽でフレアが頻発しています。
昨日の夕方、11月1日17時(世界時1日8時)に太陽風の乱れが到来し、磁場強度が13nTに強まる変化が発生しています。・・・・・・太陽風の磁場は、その前の時間帯から-5nTほどの南向きが続いていたのですが、この乱れによって振れ幅は一段と大きくなり、-10nT近い強い南向きが9時間ほど続きました。
◎太陽活動が活発化すると、地球ダイナミズムも激しいものとなります。
10月31日の一言でも述べましたが、激しい気象現象は地象現象に繋がります。奄美大島は、地震発生に十分警戒しましょう。 11月の彗星近日点は12日・23日28日です。(11月のシャク暦参照)。     -10:28-