2011/09/30

29日の彗星近日点に台風15号が抜けていったエリアを震源とする中地震が発生。
★9/29   19:05   福島県沖 M5.6 最大震度5強(福島県浜通り)
http://tenki.jp/earthquake/detail-8294.html

太陽では、9月21日から28日まで活発なフレア活動がありました。25日は9回のクラス フレアが発生しています。また24日と22日には最大規模のクラスのフレアが1回ずつ発生しています。 大き目なフレア発生後は気温が上昇しています。

4日ほど続いた青空も、昨日の震度5強で、地殻はある程度緊張状態から解放されました。地殻が地震エネルギーに満ちてくるとモノポール放出量は減り、空は晴れてきます。晴れた高気圧事態もトリガーになります。新月や満月の大潮の頃には大方、低気圧が発達し曇るのですが、27日の新月付近はよく晴れ、夜空には星がまたたいていました。

大潮付近にこのように晴れているときには、地殻が緊張状態にあり、地震発生があります。地震発生後、地殻は緊張状態から放たれ、モノポールの放出がはじまり、また雲が生まれてくるのです。今朝の佐久の空は曇りです。明日から10月です。10月の「シャク暦」をご覧ください。   -08:10-