2011/09/17

◎太陽では、9月7日7時(世界時6日22時)X2.1、9月8日7時半(世界時7日22時半)X1.8と、2日連続でXクラスの大規模フレアが続き、日本ではM6クラスの地震、南太平洋ではM7.4の地震が発生した。9月15日はMF(月が最遠)で、強引力日。
★9/15  17:00  茨城県沖 M6.2 最大震度4 http://tenki.jp/earthquake/detail-8096.html
★9/16  04:31  南太平洋 M7.4

9月7日・8日の大規模フレア発生から昨日までの8日間ジリジリと痛いような猛暑が続き、今日は急激に気温が下がった。
先月8月9日17時(世界時9日8時)にも太陽ではX7.0の大規模フレアが発生しており、10日からお盆にかけて猛暑、厳しい暑さは9日間続き、19日は一転、気温は急降下している。どちらも太陽フレアの影響が約1週間続いた。 幾度も述べてきた事だが、太陽活動が活発になると、地球ダイナミズム(地象・気象)が激しくなる。 
現在、台風15号、16号が発生している。これからの進路に注視しましょう。   -12:36-