2011/08/27

17日・21日・23日と、彗星近日点が続き、磁気エネルギーが多く供給され、27日から大潮が始まっている。地球ダイナミズムは活発だ。
地震も台風(ハリケーン)もエネルギーは同根である事実を物語るように、アメリカ東海岸ではハリケーン「アイリーン」の対応におわれている。明日28日にはアメリカ最大の都市ニューヨークに最も近づく見込み。 上陸すれば、1893年以来で118年ぶりとなる。  先日23日には、1918年以来の93年ぶりに、ワシントン近郊を震源とするM5.8の地震がおき、ワシントンやニューヨークの空港、駅は一時閉鎖するなど、騒然となったが、今度はハリケーンの上陸に備えておおわらわとなっている。  台風は地震エネルギーが多く蓄積されているエリアに進路をとる。
台風11号、12号は日本の南へと近づいている。 今後の台風進路に注視しましょう。   -16:11-