2011/08/07

◎8月2日、3日、4日とMクラスの中規模フレアが発生し、4日には再びM9.3の、Xクラスに近い大きな中規模フレアが発生しました(7月30日にもM9.3の中規模フレアが発生しており、エネルギー蓄積の前兆があった、福島県沖(7/31  M6.4 最大震度5強)と駿河湾(8/1  M6.1 最大震度5強)を震源とする広域地震が続きました)。

地殻の地震エンネルギーは、前述の地震である程度解放されていますが、太陽フレアの活発化で、地殻にはまた地震エネルギー供給が盛んになっています。 8月6日には2時間にわたり-20nTという強い南向きの磁場になっています(南向きの磁場は地球に影響を与えます)。

8月5日には、関東山地の秩父~丹沢山付近に低気圧が発達し、昨日は凄まじい雷も発生しています。関東地方では国立市など各地でゲリラ豪雨も起きています。これらの地域は、エネルギー供給が盛んなところです。8/6 に、千葉県東方沖を震源とするM5.2 最大震度3の地震がありましたが、関東地方は引き続き地震に警戒しましょう。 

強い台風9号は6号同様にゆっくりと進みましたが、沖縄付近では更に低速(毎時10㎞)になり、停滞しています。沖縄付近も地震の発生に十分警戒しましょう。   13日から大潮(満月:14日)に入ります。雲の動向、宇宙天気に注視しましょう。      -11:44-