2011/07/05

◎当地 佐久では、早朝 雷鳴と強い雨が降った。 6時に出された予報では午前中まで弱雨となっているが、7時頃から雨は あがり、青空が広がっている。
佐久では、ここのところ天気予報では雨の日も、曇り空程度の日が多くなっている。大雨警報が出された日にもさほどの降りはない。あまり低気圧が発達してこないのだ。 

これは、地殻の緊張状態で、モノポール放出量が少ない事に起因している。6月30日、長野県中部松本に震度5強の地震が起きているが、エネルギー解放は十分ではない。
前線は、東シナ海からオホーツク海まで 日本列島太平洋側の弧に沿って長く伸びている。
今回の特異日期間は、失敗の環境も厳しく 水の事故も多発した。 特異日は10日まで続く。
北陸3県、近畿、東海、関東は十分警戒しましょう。     -10:16-

<追記>7月5日夕方 近畿に震度5強の地震が起きました。
http://tenki.jp/earthquake/detail-6836.html

◎5日午前1時20分頃、長野県諏訪市湖南の中央自動車道下り線で、5台の玉突き事故が起きた。  5日午前7時25分頃、熊本県山鹿の国道で大型トラックが停車中のワゴン車に追突しワゴン車は小学生の列に突っ込んだ。  諏訪市は、6月30日震度5強の地震が起きた松本の近隣、熊本は6月28日起きた震度4の地震の震源地だ。  緊張状態の地殻が地震エネルギー解放により少し緩み、そこにまたモノポールが供給され地表に放出され、失敗の環境になる。