2011/01/30

◎28日・29日彗星近日点で特異日が始まり、気象変化が激しくなっている。

月末寒波、大雪に注意 太平洋側でも積雪か  2011/01/30  01:37 【共同通信】より抜粋
気象庁は29日、強い冬型の気圧配置の影響で、31日にかけて日本海側を中心に大雪となる恐れがあるとして、路面凍結や吹雪による交通障害、雪崩、突風に警戒するよう呼び掛けた。西日本(近畿-九州)の太平洋側や東海の平地でも雪が積もる所があると見ている。・・・・・29日、鳥取県大山町は1月最深で約2・6倍の253センチなど、東北から山陰で平年の2倍以上の積雪となっている地点が多い。長野県の野沢温泉で朝の気温が、この地点で観測史上最低の氷点下13・3度を記録した。
◎10日間以上、晴天が続いた佐久の空も今日は薄い雲が広範にある。2月1日から大潮(3日:新月)に入り、地震・噴火のエネルギーが解放されてゆく。大潮付近の31日頃から、注意しましょう。       -10:41-

>追記<   1月31日 
★1/31  17:22  伊豆大島近海 M4.1 最大震度4(静岡)