2010/08/10

激しい集中豪雨が起きたエリアには、地震も発生している。パキスタンは7月末から豪雨に襲われ、洪水で同国の耕地面積3%相当、約56万haが冠水被害を受け、死者は1,600人にも上った。 そして、日本時間の8月4日 午前1時26分頃に、パキスタンのすぐ北のタジキスタンでM5.4の地震が発生している。  インド北部のカシミール地方でも今月6日、大雨による洪水と土砂崩れが発生し、死者はこれまでに165人になった。 7日夜には、甘南チベット族自治州舟曲県でも、豪雨でこれまでに1,200人以上の行方不明者と、130人を超える死者が出ている。 そして日本時間 8月9日 午前11時54分頃に、東部の西蔵(チベット)にM5.0の地震が発生している。 地象も気象もエネルギーが同根であるのが、その理由となります。激しい極端な気象現象のすぐあとに現われる地震は、M4~5クラスの小地震ですが、M7~8クラスの地震の場合には数ヶ月後に現われてきます。 2008年5月12日に死者6万9千人以上、行方不明者約1万8千人の犠牲者を出した中国四川省の大地震(M8.0)の年には、春節の頃に大寒波が襲っていました。

2010/8/10 06:11 更新 宇宙天気ニュースより→太陽風の速度がやや上昇しています。・・・・この速度上昇に先立って、太陽風の磁場が7時間にわたって-5nTの南向きになりました。この影響で活発なオーロラが発生しています。

今日10日は新月です。明日はMN(月が最近)です。南向き磁場が長く続いている事から、17日の上弦付近まで地震・台風に気を付けましょう。         -11:40-

追記 
★8/10  14:50  三陸沖  M6.2 震度4(宮城県北部)