2010/08/09

◎6日は彗星近日点で、特異日期間が始まった。太陽では6日に1094群がC1.3の小規模フレアやBクラスの小さなフレアを数回起こしている。8日3時(世界時7日18時)にはM1.0の中規模フレアが発生し、CMEも起きている。・・・そして、地球ダイナミズムが激しく現われてきた。

・8月8日沖縄県の南海上で熱帯低気圧が急速に発達し、台風4号になった。 ・8月7日夜、突然の豪雨で、中国西部、甘粛省の甘南チベット族自治州舟曲県(四川省のすぐ南で、四川大地震でも被害を受けている)では、8日未明、大規模土石流が発生、127人が死亡、少なくも1,000人以上が行方不明になっている。北朝鮮のアムノッカン流域(中国との国境河川)では3,000ha近い農地が冠水するなどの被害が出た。また、ポーランドなど中央ヨーロッパ各地でも、8月7日からの豪雨により洪水などが発生し、これまでに15人が死亡。 インド北部ジャム・カシミール州ラダック地方でも6日、豪雨による洪水が発生、114人が死亡、375人が負傷した。

   8月8日からは大潮が始まっている(10日:新月)。海水温の高くなる影響で、夏から秋にかけては満潮時の潮位が最も高くなる時期だ。これからの、大潮の時の台風やハリケーンには十分な注意が必要です。 豪雨も、熱帯低気圧の発達も、突然に理由なく起きているのではありません。それは、太陽から供給されるモノポール流量(Y粒子)によるものです。しっかりとした理由で地球ダイナミズムは起きているのです。

 今日は涼しく、少し肌寒いくらいの風が吹いています。地殻が冷え、プリンス・ルパーツ現象になると、地震発生になります。特異日の大潮ビックトリガー期間です。十分に注意しましょう。  -11:28-