2010/07/13

◎12日の新月大潮トリガーで解放された主な地震は、★7/11  11:0  茨城県沖 M4.3 最大震度2  ★7/12  03:09  京都府北部 M3.5 最大震度2  ★7/12  04:17  岩手県沖 M3.9 最大震度2  ★7/12  13:21 宮古島近海 M4.5 最大震度2  ★7/12  17:16  沖縄本島近海 M4.4 最大震度3 となっている。

新月の大潮で、日本列島は西日本を中心に12日から今日にかけても大雨が続いている。今日13日はMN(月が最近)。今年の豪雨は地球ダイナミズムの勢いで世界に洪水被害をもたらしている。5月の中国中南部の大洪水につぎ、7月には南米コロンビアで数日間の激しい雨により9万人が被災、7日までに18人が死亡している。中南米では大洪水に見舞われ、北米では熱波となっている。アメリカ東海岸では、6日、ニューヨークで39.4度、ワシントンで38.9度を記録。 また中東諸国の熱波は凄まじく、イラクでは6月下旬に最高気温54度、バーレーンで46度、オマーンで47.5度を記録した。  10年ほど前から、加速度的に地球ダイナミズムのスケールが大きくなっている。異常気象が常態化している現在であっても、人々は、 太陽の異変にも、地球の異変にも、事態の深刻さに気を向けていない。気を向けるのは、人間社会の出来事と、経済活動が大半になっている。     -11:10-