2010/04/29

◎新しい第24周期の磁場極性を持つ981黒点群が、太陽面の北緯30度付近に出現したのは、2008年1月5日だった。新しい太陽の活動周期が始まったが、黒点数は極小のままで、2008年は300日近く黒点が現われなかった。これは100年ぶりの太陽の異変であったが、2009年12月から、ようやく黒点数が増えてきた。そして2010年2月は、3年ぶりに無黒点日がゼロとなり、1ヶ月ずっと黒点が見えていた。3月26日から4月12日までの太陽活動は活発で、CMEや高速太陽風が続き、磁場成分も南向き磁場が長く続き、地球に影響を与えた。   そして、4月15日から無黒点日が続き、大地震も4月15日から起きていない。 太陽活動の活発な時に、噴火・大地震が多発している。
2010年1月→★4日 ソロモン諸島 M7.2   ★13日 ハイチ M7.3 
  〃 2月→★27日 チリ M8.8
  〃 3月→★11日 南米西部 M7.2
  〃 4月→★5日 メキシコ北部 M7.2  ★7日 インドネシア付近 M7.5
           ★11日 南太平洋 M7.0  ★14日 青海省玉樹チベット族自治州 M7.1
                                                -12:13-
追記 
◎太陽で、1062黒点群が見えなくなり、無黒点になったのは4月15日でしたが、先ほど宇宙天気ニュースを見たら、2週間ぶりに黒点が現われたようです。
2010/4/29  12:02 更新 宇宙天気ニュースより→太陽に新しい黒点群が出現しました。1063黒点群です。  太陽に小さな黒点群が出現しました。これから太陽風が強まるかもしれません。      ◎明日30日は、マックノート彗星が近日点になります。