2010/04/07

◎珍しく、4月6日の宇宙天気ニュースは朝と晩、2回の更新になっています。
2010/4/6 20:05 更新 宇宙天気ニュースより→太陽風の磁場が南を向き続け、磁気圏の擾乱が続いています。
太陽風磁場が、ずっと南を向き続けています。磁場強度は8nTほどで安定しているのですが、南向きはむしろ強まり気味で、現在は-7nTくらいになっている様です。・・・・・地上では、この太陽風の影響で、活発な変動が続いています。AE指数は、連続的に太くなっていて、磁場が長時間南を向き続ける時の特徴的な変化をしています。
沖縄の磁場は、-100nT下がり、立派な磁気嵐になっています。また、放射線帯の高エネルギー電子が、一気に10,000の警戒レベルに増加しています。どこまでこの変動が続くのか、注目して下さい。
4/7 07:15(日本時間) インドネシア、スマトラ島北部 M7.7
同国では、津波警報が発令された。震源の深さは約46キロ。
◎太陽風磁場は、南向きの磁場の時、地球に影響が出てきます。太陽活動と地震の関連が現われています。       -10:32-