2010/01/17

◎1995年1月17日午前5時46分 死者、6千人以上となった阪神・淡路大震災から、今日で15年になる。兵庫県内の被災地では、追悼行事が行われた。そして今日も、南米・ハイチを襲った地震ニュースが流れている。必死の救助活動が続いているが、地震発生4日後も水や食料が被災者に行き渡らない状況だ。どちらも1月中旬に起きたM7クラスの大地震である。ハイチでの死者は最大で20万人にのぼるという。この数は、2004年12月のスマトラ沖地震(死者22万人以上)にせまる規模となっている。
人類は大地震のメカニズムにいまだ解答を出せずにいる。自然のメカニズム解明を阻んでいるのは、ほかならぬ学者社会と人間社会の構図ではないのだろうか。     
今日はMF(月が最遠)。       -11:05-